新車で買うなら絶対にコーティングするべき

以前、新車で購入した時に、ディーラーさんからボディーコーティングはどうしましょうかと聞かれて、結構ですと断りました。
理由は単純に、コーティング代がもったいなかったということもありますが、新車なのだからこまめに洗車をしておけば問題ないだろう、そんな無駄なことができるか、などと考えていたのです。
ところが、初めこそ仕事が休みになるたびに、近所にある洗車場に行って丁寧に磨いてワックスをかけていたのですが、いつしかそれも面倒になっていき、気がつけば見るも無残な姿になってしまっていたのです。

当然、そのような状態なわけですから、中古車買取店に持って行っても、塗装の劣化が激しいことを理由に、かなり買い叩かれてしまいました。
この時の教訓を生かし、次に手に入れた新車は、ディーラーに勧められる前にコーティングをしてもらえるようにお願いしておきました。
すると納車の日に、愛車を見た時にコーティングをやっておいて正解であることを確信しました。
濡らしてもいないのに艶があるのですが、新車のそれとはまた違う美しさがあるのです。

前回と同じようにしばらくすると手を抜いてしまったのですが、一時的に水アカができるものの、簡単に落とすことがでるので洗車が格段に楽になります。定期的にコーティングをするようにしてもらっていたおかげで、日に焼けてボディーが色褪せることも少なく、石などが当たっても大した傷にもなりにくいため、購入してから五年経っても、今だに新車の輝きのままです。

Comments are disabled.